exhibi201709_01.jpg



exhibi201709_02.jpg



exhibi201709_03.jpg



exhibi201709_04.jpg



exhibi201709_05.jpg



exhibi201709_06.jpg



exhibi201709_07.jpg



exhibi201709_08.jpg



exhibi201709_09.jpg



exhibi201709_10.jpg



exhibi201709_11.jpg



exhibi201709_12.jpg



exhibi201709_13.jpg



exhibi201709_14.jpg



exhibi201709_15.jpg



exhibi201709_16.jpg




新しいかけらと秋の仕草

2017/9/16(土)ー9/28(木)

SUNNY BOY BOOKS web

何かを思いだすのが好き。
かけらみたい、と思う。

秋の風を感じるようになりました。
枯れた外の匂いを感じると思いだす、色々な場面。
友達の横顔、その時期に描いた絵、
描くことによって覚えた秋の花。
その場面の前後は思いだせないのに、
その場面だけ、かけらみたいに心にあらわれる。
両手でそっともって、光に透かしてみる。
嬉しいような切ないような、リンゴの蜜の気分。

最近、私は引っ越ししました。
新しいかけらをつくっていく、まずは秋の仕草で生きながら。





2015年の「つゆ色のスカーフ」以来、2回目のSUNNY BOY BOOKSさんでの展示フェアでした。

記憶をひとつの面とするなら、思いだす場面はかけらのようだと思ます。

秋は、落ち着いて過去を思いだす時間が増える季節です。
思いだすことはとても大事。
今の時間をかみしめることができるから。

原画のほか、モルタル製の「おきもの」や、
「新しいかけらと秋の仕草ART BOOK」も販売しました。
この本には、サニーさんのサイトで本展にむけた書いていた コラムの冊子も ふろくとして付いています。

お店外のガラスには在廊のたびリンゴに色をぬっていました。
どこにいても、色をぬるということは自分に還る行為だなと思いました。
今とこれからをひそやかに願う、心に残る展示となりました。







● TOP
copyright :Miku Shimizu
※無断転載ご遠慮ください